任意整理という言葉は借金整理というようにも呼ばれており、おのおのお金の貸し手に対

任意整理という言葉は借金整理というようにも呼ばれており、おのおのお金の貸し手に対し支払いを続けることを前もって決めた債務整理の方法です。

実際の流れですが司法書士事務所もしくは弁護士の資格を持つもの貸方とあなたとの間に立って、利息制限法によって適切な利息計算を実行して借り入れた元金の借入金利を少なくする形で3年程度の期間で返済を目指す債務整理順序です。

この手続きの場合には裁判所などの公的機関が手出ししませんのでこれとは異なる手続きと比べたときに手続きした場合における不利益が一番小さく、過程そのものも借金をしている人にとってストレスになりませんのでここから検討してもらいたいルートだといえます。

それに、貸方が街金などの法外なならば、法が許している金利などに追加して返した借入金利分は借入元金に適用すると判断しもととなる元金を減らしてしまうことも可能です。

ですので、消費者金融のように高額な利子を取る業者へ何年も返済してきた場合には期待以上の利息分をカットすることができることもありますし、10年以上返している例だと負債そのものが消滅してしまう場合もあります。

債務の整理の利点は、破産申告とは違い一部の借金のみを処理することになるので他に連帯保証人がいる借金以外について手続きをしたい際やマンションのローンを除き処理したい際等も検討することもできますし全ての資産を放棄することは求められませんので、クルマや有価証券自分名義の財産を所有しているものの放棄したくない場合などでも有力な選択肢になる借金整理の手続きとなっています。

しかし、手順を踏んだ後の返済額と実際に可能な収入を検討して妥当な範囲で返済の目処が立つようである場合はこの方法で手続きを進めるほうが良いといえますが、破産宣告とは異なって返済義務が消えてしまうということではありませんので元金の総額が巨額な場合には、残念ながら任意整理で手続きを実行するのは困難だといえるでしょう。