任意整理とは一般には負債の整理というふうにも呼ばれていて、それぞれ貸方への債務の

任意整理とは一般には負債の整理というふうにも呼ばれていて、それぞれ貸方への債務の返済を継続することを選ぶ借金整理の選択のことをいいます。

一般的な流れですが司法書士の資格を持つものあるいは弁護士有資格者債権者とあなたの間に立って相談し、利息制限法に従って利息の再計算を行って新たに計算しなおした借入金の元金に対する借入利息をカットした形で36か月程度の時間で返済していく債務整理順序です。

任意での整理は警察などといった国家機関が処理することがないため別の選択と比べた場合手続きを取ったときの不利になる点が小さく、方策が借金をしている人にとってそれほど圧力がないため、一番初めに比較検討する必要があるやり方となります。

さらには、債権者がヤミ金みたいな高いの場合には、利息制限法という法律で決まっている金利などを超えて振り込んだ利息においては借りたお金の元金に充当するとみなされ借金の元金そのものをカットすることだってできます。

サラ金業者といったような高い利子のところへ長い期間返し続けている場合だとある程度の支払額を減額できるような場合もありますし10年以上続けて返しているケースだと負債そのものが消滅する場合もあります。

任意整理の利点は、自己破産とは異なって特定のお金のみを処理していくことができるため他に連帯保証人が付く借金以外について手続きをする際やマンションのローン以外について手続きしていく場合等においてでも使うことができますし全ての資産を手放してしまうことが求められていないため、投資信託や戸建て住宅などの自分の資産を持っていて処分したくない状況でも有効な債務整理の手順といえるでしょう。

しかしながら、今後返済が必要となる額と現実として可能な手取り額を比較し、常識的に見て返済の計画が立つようならこの処理を進めることは問題ありませんが、自己破産手続きのように借金そのものがなくなってしまうということではないため、総量が巨額な状況では、実際問題として任意による整理の方法を取るのは困難だということがいえるでしょう。