任意整理は普通借金整理とも言われており、それぞれ債権者に対して借金の返済を行って

任意整理は普通借金整理とも言われており、それぞれ債権者に対して借金の返済を行っていくことを選択した債務を整理する方法となります。    その手続きですが司法書士有資格者もしくは弁護士有資格者債権を持つものとあなたとの中に入って相談し合い、法律にかんがみて利息の再計算をもとにもう一度計算しなおした借金の元金についての金利を少なくすることによって36か月程度の期間をめどに返済していく整理順序です。    任意による整理は裁判所のような公的な機関が関係することはないためそのほかの手順と比べた場合でも利用した際における不利になる点が一番小さく、方策が依頼人にとってなにも負担になることはないため最初に考慮することをお勧めする手続きといえるでしょう。    それから、貸方がヤミ金に類するとても高額なならば利息を制限した法律で定められている金利など以上に支払った金利においては借入金の元金に充当すると判断しもととなる元金自体を少なくしてしまうことも可能です。    

つまり、サラリーマン金融のような大変高額な利息のところへ長い間返済してきた例では金利分をカットすることができる場合もありますし10年以上返済を続けている例では負債そのものがなくなることもないとは言えません。    任意整理の有利な点とすると、自己破産とは異なって一部分の借金のみを処理していくことが可能ですので、他の連帯保証人が関与している借金以外だけで整理をしたい場合や自動車ローン以外について整理する場合なども申請することができますし全ての財産を処分する必要がありませんので、株式やマンションなどの資産を所有していて、手放してしまいたくない場合でも活用可能な借金整理の方法になるでしょう。    手続き後の返済に必要となる額と現実として可能な所得額を比較してある程度返済の目処が立つようであれば処理を進めるほうが良いといえますが破産申告と違い負債そのものが消滅してしまうというわけではありませんので、元金の金額が大きい場合などは現実問題として任意による整理の選択肢を選ぶのは困難になると考えるのが無難でしょう。