借りたお金が返済が出来なくなったところに突然給与が差押さえられて大ピンチでした!

私は現在札幌で派遣社員として勤務しているのですが、月給はたいして多い訳ではありません。派遣社員なのでボーナスは無いのですが、障がいを持った父親の身の回りの世話をしていることもあり、支出はやっぱり多めに多いです。少しでもお金になる職場を見つけたくて求人誌をチェックしてはいても、今受け取っている給料のままでは本当に食べるのがやっとで困り果てることもあって、少しずつサラ金の借りいれ額も増していったのです。

借入れ金の返済がとうとう数ヶ月に渡り払えなくなっていたところ、ある日いきなり、派遣元から給料債権が差押られていると携帯へ連絡が入りました。担当者の詳しい内容では、カードローン業者が差し押さえを行ったために、僕に月給を振込むことはできず、供託されることになると説明をされました。月給が受け取れないという失望感も大きいますが、自分の借金を返せずにいる状況を派遣元にも知ることとになったのにもあまりにもショックでした。

そのとき派遣会社の担当の人がそういうことならと出してくれ、弁護士に返済のことを相談しに行くよう提案してくれたのです。自分もサイトでいろいろ調べた後に問い合わせをしたのですが、弁護士会の相談センターで紹介してされた弁護士さんは借金処理を専門対応されている法律事務所に所属の方でした。話を聞いてもらった弁護士さんに今回の件について相談すると、債務整理の手続きで借金の負担が今より減らせるというアドバイスを受けました。今現在の資産状況から破産することを地方の裁判所へ申請して、同時廃止の申し立てを行い、それまで続いていた差し押さえがすべて停止して、減らずにいた残高のからも抜け出すことが出来て、心機一転で生活を立て直しできるとのこと。ぼくの職業は自己破産が決まる間の働くことが制限される職業ではなかったことと、派遣会社にも既に借金ににっちもさっちもいかないとわかっているので、僕は自己破産の正式な手続きを弁護士さんに依頼したのでした。ギャンブルなどで生活費の浪費を繰り返しているということではなかったので、自分が思うよりすんなり破産申請が認められたのでした。6ヶ月以上破産申請が認められないひともいらっしゃるとのことですが、弁護士事務所のお力添えのおかげ、だいたい2ヶ月半の間で破産がくだりました。

債務の返済がなくなって、生活動産や給与はそのままを確保できますので、また新たな気持ちで再始動出来ます。5年間は、クレジットもカードローンも借りることは出来ないのですが、それよりも、カードでできないなんて危険性はゼロです。悩むよりもまず早めに債務処理の相談に話しすれば良かったと深く反省ました。