民事再生という選択は住宅ローンもある多重債務の問題に苦しむ方々を念頭において住ん

民事再生という選択は住宅ローンもある多重債務の問題に苦しむ方々を念頭において住んでいる家を維持したまま経済面でやり直すための法的な謝金の整理の道として平成12年11月に利用できるようになった選択肢です。この制度には、自己破産のように免責不許可となる要件はないために、競馬などで債務ができたような場合においても民事再生は選択可能ですし、破産手続きをした場合は業務の停止になる業種で仕事をしているような人でも民事再生はできます。

破産の場合には、住んでいる家を手元に残すことは不可能ですしその他の債務処理では、やはり元金は払っていくことが要求されますので、住宅ローン等を含め返済を続けるのは多くの人の場合難しいでしょう。ただ、民事再生を選ぶことができれば、住宅ローン等を除いた借金については金額を減ずることができますので余裕をもって住宅のためのローンを返済しつつ残った借り入れ分を返済していくようなことができるというわけです。

民事再生という方法は任意整理または特定調停といった処理と違ってある部分だけの債務だけを除き処理をすることは許されませんし破産の際のように元金それそのもの消えてしまうのではありません。また、別の方法に比べて手続きがこみいっていて時間が必要ですので、住宅のためのローンを組んでおりマイホームを維持したい時などを除いて、破産申告のようなそれ以外の選択肢がない時だけの最後の手段と見ておいた方がいいでしょう。