民事再生による整理は住宅ローンを含めた多重債務に苦しむ方を対象にマンションを維持

民事再生による整理は住宅ローンを含めた多重債務に苦しむ方を対象にマンションを維持したまま金銭管理において立ち直るための法的な債務整理の手段として利用できるようになった法律です。

民事再生制度には、自己破産制度とは違い免責不許可となる要素がないので、浪費などで債務ができた場合でも申請は問題ありませんし破産宣告をすることで業務停止になるような立場で働いている場合等でも制度の活用が検討できます。

破産の場合だと、住宅を残しておくことは許されませんし任意整理や特定調停などでも借金した元金は戻していかなければなりませんので、住宅ローンなどを含めて払っていくことは多くの人の場合難しいと思われます。

といっても、民事再生による処理を選ぶことができれば、住宅ローンなどを除いた借金額は少なくない金額を削減することが可能ですので、余裕をもって住宅のためのローンを返済しながら残りの借金を払っていくこともできるというわけです。

といっても、民事再生による整理は任意整理による手続きや特定調停といった処理と異なって一定の負債だけを除外して処理をすることは許されませんし、破産手続きにおけるように借り入れ金それ自体消えるということではありません。

さらには、これとは別の解決手順と比較して手続きの方法が簡単ではなく手間もかかりますので住宅ローン等を持っていて住居を維持する必要があるような時以外の破産申請などそれ以外の債務整理ができない際における解決策と見ておいた方がいいでしょう。