特定調停というのも任意による整理と似ていて、それぞれ債権を有する者へ借金の返済を

特定調停というのも任意による整理と似ていて、それぞれ債権を有する者へ借金の返済を続けていくことを選択する債務の整理の方法になります。わかりやすくいうならば裁判所が関係する任意整理となります。

この特定調停という方法も任意整理による手続きと同じように破産手続きとは違ってある部分のみのお金だけを整理していくことが可能なため、保証人が関連する借入金以外だけを手続きをする時やクルマのローン以外について手続きをしていく場合なども適用することが可能になりますし、財産を処分する必要がないので、クルマや不動産などの資産を保有していて処分してしまいたくない場合などでも活用可能な債務整理の手続きといえるでしょう。

ただし、手順を踏んでから返済していく額と実際として可能な収入額を検討しある程度返済の目処が立つようならば特定調停の方法を選択するほうが良いといえますが、自己破産とは違い借金自体がなくなるというわけではありませんので、借りている総量がかなりになる場合には現実問題としてこの方法での手続きを踏むのは困難だと判断することになるでしょう。

なお、この手順は公の機関が介入することになりますので司法書士事務所などに関わってもらわなくても立場が弱くなってしまうようなことはないということとか解決のための諸費用を節約できるという良いところは注目できますが債権者からの取り立てに対し自分で応対しなければならないこととか、文字通り裁判所に何回も行く必要があるといった注意点もあります。任意整理と比べると、最終的に和解が成立しない場合には利子をそのままの形で返済していかなければいけないといった点や結果的には貸方に対して返済していく金額が任意による整理と比べて割高になる傾向があるという点もあります。