特定調停というのも任意整理による処理とほぼ同じくそれぞれの貸し手に対し返金を続け

特定調停というのも任意整理による処理とほぼ同じくそれぞれの貸し手に対し返金を続けることを前置きとした借金整理の選択となります。

わかりやすくいうなら裁判所が行う借金の整理となります。

特定調停も任意整理による手続きと似ていますが破産申告とは異なってある部分だけの負債だけを処理することが可能ですので、連帯保証人がいる借入金以外について整理する際や自動車ローンの分を別として処理する際などでも用いることが可能ですし財産を手放す必要がないので、株式や住宅などの自分名義の財産を所有しているものの、手放してしまいたくない状況においても有用な借金整理の方法といえるでしょう。

いっぽう、後々返済していく額と実際としての収入を比較検討して適度に返済の目処が立てられるようならこの特定調停による手続きを進めることは可能ですが破産と異なり返済義務が消滅するわけではありませんので借りている額が巨額な状況では、現実問題としてこの手続きを実行するのは難しいということになります。

また、この特定調停は裁判所が介入するので弁護士等に頼まなくても立場が弱くなる心配がないということとか手続きのための諸経費を圧縮できるという益はあるのですがお金の貸し手からのきびしい取り立てに債務者自らが対処しなければならない点や、実際に裁判所にことあるごとに足を運ぶことになるなどの留意点もあります。

さらには、任意整理と比べてのことですが、調停にて解決できないような際は利息をそのまま付けた計画で渡していく必要があることや結果的に債権者へ支払っていく総額が任意整理の場合よりも割が合わない場合が多いなどといった注意が必要な点もあります。