破産における手続きによると、申し立てる人は最初に申し立ての書類を申請する人の住居

破産における手続きによると、申し立てる人は最初に申し立ての書類を申請する人の住居を担当する地裁に届けることとなります。申し立て者が提出した申請書類が届くと地方裁判所は自己破産申立の認可をするのが望ましい事項が存在するか否かというようなことを審査することになって判定の終わった後申し立てた人に返済不可な様態というような自己破産承認の必要な条件が備わっていた場合は破産申請の認可が与えられるのです。とはいえ、自己破産の認可がなされてもそれのみだと借金が解消されたということにはなりません。次は免責許可を与えてもらう必要があります。免責というのは破産申立の手続きの際に返済することが不可能である申立人の返済額に関しては、司法でその返済を免じることをいいます。※要するに借金額を無かったことにすることです。免責に関しても自己破産申請の判定の時と似たように裁判所で分析がおこなわれ診断の結果、免責の承認が得られたとしたら、申請人は責任から脱することになって返済額は消滅になり、そしてローンやクレジット払いが使用できなくなることを別にして自己破産者の被る不利益から逃れられることとなります。免責非認定(負債を無しにできない)の判定がされると返済責任および破産判定者が被る不便は消えないことになってしまいます。破産に関する法律の免責制度は止むを得ない理由で多重負債を負ってしまい苦境に立たされている人々を救うことが目的のシステムです。ですので、財を隠蔽して自己破産申請の手続きをするなど裁判所に対し偽物の申請書を届けるなどの破産制を不正利用する人間であるとかカジノや暴飲暴食などの無駄遣いによって借金を抱えてしまった方の場合はその自己破産の許可過程を停止したり、免責適用許されなくなります。法律によれば、免責の許可を手に入れる資格が認められない理由を上で出したケースの他にも設定されていて、それを免責の不許可の事由としています。