破産申告の際に持っている債務に対してその保証人が存在するときには、事前に話してお

破産申告の際に持っている債務に対してその保証人が存在するときには、事前に話しておくべきです。ここで、改めて言いますが、負債に保証人を立てている場合は破産宣告前によく考えるべきです。なぜなら、自分が破産して受理されれば、保証人があなたの負債を全部果たす義務があるからです。やはり、自己破産手続き前に、至った内容とか今の状態を説明して、謝罪の一つも述べなくてはなりません。そういったことは保証してくれる人の立場から見ると当然のことです。破産申告するのが原因で強制的に多額の負債がふりかかってくるわけです。それで、そのあとのその保証人の考慮する選択肢は4つあります。
1点目ですが、保証人となる人が「すべてを支払う」という選択肢です。保証人である人がいつでも高額な金額を簡単に返済できるといったようなカネを用意しているならば、この方法を取ることが選択できます。ただその場合は、そのまま破産申告せず保証人に立て替えてもらって自身は保証人である人に返済していくという方法も取れるかと思われます。また保証人が自身と良いパートナーである場合は、いくらかは弁済期間を猶予してもらうことも可能かもしれません。また耳をそろえて返済できない場合でも、業者側も相談で分割払いに応じるかもしれません。あなたの保証人にも破産による整理をされてしまうとお金が一円も手に入らないことになるからです。

保証してくれる人が保証した借金をあなたに代わりまかなう財産がなければあなたとまた同じくいずれかの債務整理を選ばなければなりません。続いてが「任意整理」です。貸した側と話すことで5年ほどの期間内で完済していく形になります。実際に弁護士事務所に依頼するときの費用は債権者1社ごとに4万円ほど。もし7社からの契約があったなら28万円かかることになります。むろん貸した側との示談は自分でしてしまうこともできないことはないですがこの分野の経験がない方だと債権者があなたにとってデメリットの多い条件を出してくるので注意する必要があります。任意整理してもらうとしたとしても保証人に債務を払ってもらうことを意味するわけですから、借りた人は長くかかるとしても保証してくれた人に返済していく義務があるでしょう。

3つめですがあなたの保証人もあなたといっしょに「破産宣告する」という選択です。あなたと同じように破産を申し立てれば、あなたの保証人の借金も返さなくて良いことになります。ですが、保証人が有価証券等を持っているならばその個人財産を取り上げられてしまいますし、税理士等の職務にあるのであれば影響を受けてしまいます。そういった場合、個人再生による手続きを利用できます。では4つめの手段は、「個人再生を利用する」方法についてです。マンション等の不動産を残して債務整理を望む場合や、自己破産では資格制限がある職務にたずさわっている場合にメリットのあるのが個人再生による処理です。この手段なら、不動産は処分する必要はありませんし、破産のような職業にかかる制限、資格にかかる制限がありません。