私の一番の辛かった取立てが止めさせることが出来ました!

返済が出来ず本当に胃の痛い経験だったキャッシング会社の取立てをやめさせることがした僕の話です。ぼくはある工場の派遣で仕事をしていますが、1年間に入るお金はやっと190万円にしかない状態です。1か月当たりの給料は15万という金額しかないので、毎月の家賃や光熱費、食事代に通信費を賄ってやっていますが、毎回ギリギリの額です。こういうこともあって、月末お金が足りなくなる時にキャッシングローンから借入をずっと繰り返してきました。いくらかでも利息負担を抑えたいと思っていたので、初めての利用でおよそ1か月無利息サービスというカード会社を手あたり次第借りいってしまいました。入ってくる金額が多くないといった理由で、金融業者1社に対しての希望していた金額は大体10万円の中でとめるようにしているのですが、ですが、目下、元手にして600000円、全部の利息を合計すると大体100万円くらいの借入れ金に上って、1か月ごとの返済額も4万円弱になってしまい、返済を続けることが難しくなってしまいました。

現段階で借りているローン会社は6社になります。これらの6つのキャッシング会社から支払いを要求するのハガキやら電話での請求が、しょっちゅう入ってくるので、返済出来ない私がバカで本当に悪いんだとわかっていてもいいかげんうんざりしていました。夜勤を終え、携帯電話を確認してみると尋常でないカードローン会社からの着信履歴があり、それからすぐ携帯電話のお金も払えなくなりつながらないと、今度は仕事場へやって来た業者もいた現れるようになっていきました。これが長く続くようなら仕事も出来なくなると思い、地元の司法書士に相談し、任意整理の対策をとることになりました。債務整理の手続きからしばらく経ってからのことです。僕の借金について司法書士が受忍通知をキャッシング会社に送ってから、ほんの1社からも無茶な催促をおさまりのです。本当にピタッと止まった嬉しかったです。

恐怖から解放されて、僕は生きる希望を持つことができ、その後の返済方法や、どうやってやり繰りしていったらいいのかどうかを深く考える期間をきちんと持つことが出来ました。一方で、司法書士が各カード会社ごとに債務返済の話し合いをしてくれ、金利の圧縮による、カードローン返済額の減額という話し合いの内容を取りまとめてくださってありがたかったです。お陰で毎回の返済金額は半分以下にダウンすることが出来て、いろいろあったけれど何とか生きる望みをついてなり本当に嬉しかったです。びっくりするほどガラッと現状が変えることが出来るんだったら、もうちょっと早めに司法書士事務所に事情を相談に行けば良かったととても感じました。借金の悩みは、行動することでスッキリ解決できます!まずは法律事務所や司法書士へ連絡してみてください。